PASONA_0_TP_V

物質科学・コンピュータ・シミュレーション・構造・液体・金属・ナノ物質に関する研究室の紹介です。

広島大学 総合科学部・大学院総合科学研究科・総合物理研究領域 物質科学シミュレーション研究室です。主催者は宗尻修治准教授です。

物質科学 理論・シミュレーション研究室へようこそ

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

物質科学シミュレーション研究室では、液体の金属・半導体・ナノ物質などの複雑な物質の物性・性質について、コンピュータシミュレーションによって解明する研究をしています。分子動力学による計算物理学的な手法を活用しています。

研究テーマ

物質科学シミュレーション研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

  • 液体の炭素が圧力によってどのように構造変化するか研究する
  • 液体のスズが圧力によってどのように構造変化するか研究する
  • 液体のナトリウムがかなり高い圧力においてどのようにふるまうか
  • 液体のリンが圧力によってどのようにふるまうか
  • 液体の中における横波を見える化する
  • 炭素の構造の中で水素がどのようにふるまうかナノレベルで研究する
  • アルカリ水素化物とアンモニアとが反応することでどのように水素が出ていくか解明する
  • カーボンナノチューブの融点がチューブの半径によってどのように変化するか研究する
  • 水の構造について研究する

研究室の活動

研究発表はこちらをご覧ください。

宗尻 修治(大学院総合科学研究科)