巷で話題の『叛逆のデスペラード』は、プレイヤー同士が仲間となり、
チームバトルを行うソーシャルゲームだ。
しかし、人気があるにも関わらずサービス終了が決定し、期限は残すところあと一週間となった。
主人公の女子高校生・姫子も携帯を片手に『叛逆のデスペラード』に夢中になっている一人で、
チームが解散してしまうことに不安を覚えていた。
そんな中、『叛逆のデスペラード』の運営から、突然サービスを続行するお知らせが発表される……。
チームが解散しなくても良いことに喜ぶ姫子は、
騒動のお詫びとして配られたガチャガチャのチケットで
レアアイテムを手に入れてさらにゲームにのめり込んでいく。
だが、その時から運命の歯車は回り始めていたのだった……。
サービス終了予定だったゲームが続行された理由。
運営会社の「メタトロンシティ」。
そして、チームバトルの攻撃時に生じる異常なまでの快感。
このソーシャルゲームには、大きな秘密が隠されていた……。
戦慄の新感覚ホラーサスペンスが幕を開く!

電子ドラッグを題材にしたSF漫画です。次々と謎が出てきて楽しいです。

全3巻です。

名言・印象に残ったところ

第一巻

みんながいたからここまでやってこれたの

第二巻

■やれることをやろう

■ひめちゃんぐらいの年頃には色々あるのよ私もあの頃は・・・

第三巻

■リアルで相談できないようなこともみんなは優しく答えてくれた

■私は仲間がリアルに傷つくなんて絶対イヤ!!

■真実を知ることが常に正解とは限らない

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら