鈴原環は女子高生にして狩りのプロ。その標的は、人…!
更正を期待出来ない犯罪者と、その肉体を必要とする患者。
需要と供給が一致した時、少女の“仕事”が始まる!
鬼才・ナガテユカが渾身の筆致で問う命の価値とは!?
日本の地下社会で極秘裏に行われる“臓器売買”の闇に迫る衝撃作!!

臓器売買・裏社会を題材にした漫画です。絵的に不安になるかたもいらっしゃると思いますが、特に問題なく読めます。名言もバッチリです。

2016年11月10日現在、6巻まで出ています。

名言・印象に残ったところ

第一巻

■ 命は大事に使わないとね

■ これも人助けだよ

■ 需要があるから供給がある それだけの話だ

■ 俺がお前を治すー

■ 必要とされたんじゃなくて利用されただけなの

■ 女の敵は女ってこと

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら