おっぱいのために生き、
おっぱいを愛し、
おっぱいに人生を捧げる、
自称 “おっぱりすと” 白井陽介。
彼は、おっぱいを検証・観察して、妄想を膨らませる為に
学園内におっぱい部を立ち上げようとする。
しかし、当然の如く生徒会から認められず、部員は男子のみ。
そんな中、美術部の部長、そして学園内でもミサイルおっぱいを持つ女子として有名な
絵崎夕姫がある条件を元に入部しても良いと言ってきたが……。
おっぱりすと白井陽介が学園内に巻き起こすおっぱい旋風!
個性豊かな登場人物たちをはじめ、バカバカしいほどにひたむきにおっぱいを愛する者たちの、
愛と青春のエンターテイメント!

青春マンガです。名言もあり、真面目なところもあります。

全四巻です。

名言・印象に残ったところ

第一巻

■ この小さな胸の中にいろんな夢が詰まってるのがお前たちにはわからんのか!

■ 君のおっぱいは君だけにしかない素敵なものじゃないか もっと胸を張っていけばいいと思うぞ

■ 我々のおっぱいに対する真摯な行いには隠し立てするようなことは何一つありませんからね

■ 若者たちは押さえつけるよりも 自由にやらせてより良い方向へ導いてあげるのが教師の役割ではないかと思いまして

■ いいんだ・・・いいんだよ偽らなくって! おっぱいはどれも素敵じゃないか!

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら