1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!

中央ヨーロッパを舞台にした歴史マンガです。ただ、あたかもそこにいるかのようにハラハラ・ドキドキさせられます。

2016年10月31日現在、6巻まで出ています。

名言・印象に残ったところ

第一巻

■生きなくちゃ!死んだ人の分まで!

■ 自分のために戦う奴は弱い

■ 自分のために始めた戦いは自分のためにいつでも投げ出せるからな

■ もうひとりぼっちじゃないんだ

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら