なにげない日常が、こんなにもいとおしい・・・ 4人の女性の日常にある、それぞれの恋模様。 さりげない台詞が妙に心に残る。等身大の恋愛模様を描かせたらピカイチの著者・南Q太の会心作。 男子高校生、松平一雅(まつだいらかずまさ)の日常を描いた「さすらい」も同時収録。

普通の日常を切り取った、等身大の恋愛漫画です。共感できることも多いと思います。

全一巻です。

名言・印象に残ったところ

■彼女が唯一好きなのは自分の部屋

■暖かいところ 帰れるところ やさしいところを

■いまさら好きになりましたなんて言えないよフツー

■キレイな唇があたしの唇にふれて はなれた

■あてもなく汽車に乗ったのだった

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら