gomibako_plastic_petbottle

高分子材料・超臨界・生分解性・炭素・イオン伝導性・圧電性・吸音材料に関する研究室の紹介です。

東京工業大学 物質理工学院 材料系 浅井研究室です。主催者は浅井茂雄准教授です。

ASAI Laboratory

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

浅井研究室では、高分子材料に着目しています。超臨界の二酸化炭素を高分子材料に組み合わせたり、自然界や体の中で分解する高分子材料を扱ったり、炭素(カーボン)と組み合わせて高分子材料に電機が流れるようにしたり、イオン伝導性のある高分子材料を開発したり、高分子材料を音を吸収する材料に応用したりしています。

こちらの実験装置を活用して研究を進めています。

ASAI Laboratory

研究テーマ

浅井研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

超臨界の二酸化炭素と高分子を組み合わせる

いろいろな高分子材料に二酸化炭素を導入し、それがどのように結晶化するか、構造をつくるか、そしてそれらの物性について研究しています。

生分解性のある高分子における構造と物性との関係を解明する

自然界や体の中で分解する高分子ついて、構造を調査したり物性を測定したりして、構造と物性との関係を調査しています。またそれらをコントロールする研究をしています。

炭素と高分子を組み合わせる

いろいろな高分子材料に炭素を導入して、電気を通す性質のある高分子材料をつくっています。高分子材料のいろいろな性質と電気特性との関係を明らかにし、それらをコントロールする研究をしています。

イオン伝導性のある高分子材料をつくる

イオン伝導度の高い高分子材料をつくり、その構造と電気特性・力学的な性質などの物性との間の関係を研究しています。

音を吸収する高分子材料をつくる

材料が音を吸収するメカニズムについて研究し、いろいろな周波数の音を吸収する材料を開発しています。

研究室の活動

発表論文はこちらをご覧ください。

ASAI Laboratory

こちらから研究室の様子をご覧になれます。

ASAI Laboratory

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら

gomibako_plastic_petbottle

高分子材料・超臨界・生分解性・炭素・イオン伝導性・圧電性・吸音材料に関する研究室の紹介です。

東京工業大学 物質理工学院 材料系 浅井研究室です。主催者は浅井茂雄准教授です。

ASAI Laboratory

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

浅井研究室では、高分子材料に着目しています。超臨界の二酸化炭素を高分子材料に組み合わせたり、自然界や体の中で分解する高分子材料を扱ったり、炭素(カーボン)と組み合わせて高分子材料に電機が流れるようにしたり、イオン伝導性のある高分子材料を開発したり、高分子材料を音を吸収する材料に応用したりしています。

こちらの実験装置を活用して研究を進めています。

ASAI Laboratory

研究テーマ

浅井研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

超臨界の二酸化炭素と高分子を組み合わせる

いろいろな高分子材料に二酸化炭素を導入し、それがどのように結晶化するか、構造をつくるか、そしてそれらの物性について研究しています。

生分解性のある高分子における構造と物性との関係を解明する

自然界や体の中で分解する高分子ついて、構造を調査したり物性を測定したりして、構造と物性との関係を調査しています。またそれらをコントロールする研究をしています。

炭素と高分子を組み合わせる

いろいろな高分子材料に炭素を導入して、電気を通す性質のある高分子材料をつくっています。高分子材料のいろいろな性質と電気特性との関係を明らかにし、それらをコントロールする研究をしています。

イオン伝導性のある高分子材料をつくる

イオン伝導度の高い高分子材料をつくり、その構造と電気特性・力学的な性質などの物性との間の関係を研究しています。

音を吸収する高分子材料をつくる

材料が音を吸収するメカニズムについて研究し、いろいろな周波数の音を吸収する材料を開発しています。

研究室の活動

発表論文はこちらをご覧ください。

ASAI Laboratory

こちらから研究室の様子をご覧になれます。

ASAI Laboratory