AW9V9A3482_TP_V

分子設計・材料評価・高分子・合成・機能性材料・有機材料工学に関する研究室の紹介です。

東京工業大学 物質理工学院 材料系 早川研究室です。主催者は早川晃鏡准教授です。

早川研究室 - 東京工業大学 大学院理工学研究科有機・高分子物質専攻

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

早川研究室では、新しい高分子材料をつくる研究をしています。つくられた材料については、その構造や物性、そしてどのような機能・性能をもつのか調べ、機能・性能を向上させるように高分子を設計しています。

こちらの実験装置を活用して研究を進めています。

実験設備:早川研究室 - 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻

研究テーマ

早川研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

半導体微細加工(リソグラフィー)技術のための新しい材料をつくる

わたしたちが利用するコンピュータやスマートフォンは年々性能が向上しています。この向上には、半導体を微細に加工する技術 (リソグラフィー技術) が関係しています。リソグラフィー技術の性能が上がると、コンピュータやスマートフォンの性能も上がるわけです。早川研究室では、リソグラフィー技術で用いられる材料について、性能の高い新しい高分子材料を開発しています。

よく熱を伝えるエポキシ樹脂をつくる

いろいろな電子機器の性能が向上しています。それにともなって、電子機器の熱の問題がでてきます。発生する熱を効率的に取り除く必要があるのです。実際はエポキシ樹脂によって、熱の発生源から外へ熱を伝える仕組みになっています。早川研究室では、より効率的に熱を伝えるエポキシ樹脂を開発しています。

研究室の活動

発表論文はこちらをご覧ください。

研究業績:早川研究室 - 東京工業大学大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻

研究室の雰囲気です。

写真:早川研究室 - 東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら