gotanda037011238_TP_V

高分子・多分岐高分子・合成・機能性材料・有機材料工学に関する研究室の紹介です。

東京工業大学 物質理工学院 材料系 柿本研究室です。主催者は柿本雅明教授です。

東工大柿本・早川研究室

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

柿本研究室では高分子の中でも、たくさん分岐した高分子である多分岐高分子に着目しています。多分岐高分子についてはこちらの図が分かりやすいです。

東工大柿本・早川研究室

多分岐高分子を実際に合成してつくり、機能的な材料を開発しています。

さらに、この多分岐高分子を原料として、

  • 新しい炭素材料
  • 新しい固体触媒反応

などに応用しています。

研究テーマ

柿本研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

いろいろな多分岐高分子をつくる

多分岐高分子は普通の高分子とは異なる特性を持ってます。原料を変えたり、分岐のさせ方を変えたりして新しい機能を持つ材料を開発しています。

炭素と多機能高分子を一緒にして固体触媒をつくる

これまでは、値段の高い金属や有害な物質が原料として使われていましたが、柿本研究室では炭素材料と多分岐高分子を組み合わせることで、同様の機能を持つ触媒を開発しています。

研究室の活動

発表論文はこちらをご覧ください。

柿本雅明 研究業績一覧 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら