KK187104856_TP_V

ポリマーブレンド・ポリマーアロイ・高分子・基礎物性・実用化に関する研究室の紹介です。

東京工業大学 物質理工学院 材料系 扇澤研究室です。主催者は扇澤敏明教授です。

扇澤研究室 東京工業大学物質理工学院

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

扇澤研究室では、高分子 (ポリマー) に着目しています。複数の種類のポリマーを組み合わせることで、実用的な、高い機能を持つ材料を開発しています。またポリマーの基礎的な物性についても研究していますし、どのようにポリマーをつくるか、についても検討してます。

研究テーマ

扇澤研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

材料を高機能にして実用的なものにする

  • 機械特性
  • 光学特性
  • 耐熱性

について、それぞれ複数のポリマーを組み合わせることで、物性を向上させる研究を行なっています。またバイオマスプラスチックを高機能化する検討も行なっています。

ポリマーをつくる方法を工夫する

複数のポリマーの種類は同じでも、どのように組み合わせて(混ぜて)新しいポリマーをつくるか、といったつくり方によっても、材料の特性は異なります。扇澤研究室では、一つのポリマーを溶かした状態で混ぜたり、加工しているときに化学反応を利用したり、ナノサイズの粒子を混ぜたりして、つくり方の研究をしています。

ポリマーの基礎的な物性について研究する

扇澤研究室では、

  • 自由体積
  • 圧力・体積・温度の関係
  • 結晶構造

に着目して、それぞれによってポリマーの物性がどう変わるか研究しています。

研究室の活動

実験室の様子はこちらをご覧ください。

Ougizawa Lab Tour!3

研究室の様子の写真です。

Ougizawa Lab Tour!2

Gallery

こちらに扇澤敏明教授からのメッセージがあります。

扇澤先生からのメッセージ

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら