体が弱い筒井を助けたがために高校を退学になった折橋紫(ゆかり)はオーディションを受け女子プロレスの世界へ。ある日試合を見にきてくれた筒井が試合後病院へ運ばれることに――。その後、筒井の弟から心臓移植のためにアメリカへ行くことを告げられる。
「水の子」「谷川高校へっぽこ陸上部」掲載

どれも清々しい話であり、内容も面白いです。

全一巻です。

名言・印象に残ったところ

■生きたくても生きられないかもしれない奴だっているんだー

■おまえのプロレスは「与えないプロセス」だ

■筒井がんばれ!私もがんばる!あんたの強さを私にわけて!!

■そうかんたんに・・・人間は・・・死なないんだ・・・

■今度は私の番だ 筒井が私に与えてくれたように 私も彼に与えられるだろうか カタクリの花ほどの強さを やさしさを・・・

■かっこよかったぞ!

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら