IMARIH20160806052320_TP_V

材料固体化学・結晶学に関する研究室の紹介です。

明治大学 理工学部 応用化学科 材料化学工学研究室です。主催者は大竹芳信教授です。

明治大学 理工学部 応用化学科

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

材料化学工学研究室では、環境にやさしいカーボン (炭素) 材料をつくる研究をしています。そして

  • 化石燃料に代わるエネルギーとしての材料
  • 穴のたくさん空いた材料
  • 有害物質を除くための材料

に応用しています。

研究テーマ

材料化学工学研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

  • 炭素の基礎的な特性を研究する
  • 高分子や石炭を炭素化する
  • エネルギー源として炭素を利用する
  • 炭素の環境用の材料をつくる
  • 炭素のエネルギー材料をつくる
  • 炭素の新規材料をつくる
  • 穴のたくさん空いた無機材料をつくる
  • 活性炭に関する研究をする

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら