PAK160323320I9A4876_TP_V

吸着・バイオマス・シミュレーションの研究室に関する紹介です。

明治大学 理工学部 応用化学科 環境化学工学研究室です。主催者は古谷英二教授です。

明治大学 理工学部 応用化学科

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

化学製品をつくるためには、製品になる化学物質を合成することだけでなく、そのあとに必要なものと不要なものとを分離することも重要です。しっかりと分離できていないと、製品の価値が下がるだけでなく、有害な物質が残っていたときには人や環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

環境化学工学研究室では、吸着法という分離方法の研究をしています。環境ホルモンなどの人や環境に悪影響のある化学物質をしっかりと取り除く方法を開発しています。

研究テーマ

環境化学工学研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

  • 吸着法によって人や環境に悪影響のある化学物質を取り除く
  • 吸着法についてコンピュータでシミュレーションする
  • バイオマスを活用した吸着法を開発する

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら