TSU86_shizukujibunkatte_TP_V

ソフトマテリアル・バイオマテリアルの研究室の紹介です。

宇都宮大学 工学部 応用化学科 ソフトマテリアル研究室です。主催者は加藤紀弘教授です。



なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

ソフトマテリアル研究室では、水を多く含むゲルや、気体と液体、液体と固体などの境界面(界面) における分子の膜といった、いろいろな機能をもつソフトマテリアル (柔らかい材料) の研究をしています。そして、このようなソフトマテリアルを、

  • 人の体の中への薬物の輸送
  • 感染症の予防
  • 人の体の中の膜
  • 人工光合成

といった未来の医療に応用しています。

研究テーマ

ソフトマテリアル研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

ソフトマテリアルを用いて人の体の機能をコントロールする

水を多く含んだり、水をよく吸収してくれたりする高分子のゲルを開発しています。、またその分子の構造を熱などでコントロールできるように研究しています。

化学物質によって情報交換する微生物 (バクテリア) をコントロールする研究もしています。

分子の膜を用いて界面の機能をコントロールする

気体と液体、液体と固体などの境界面 (界面) における分子の膜の機能や構造を評価したり、いろいろな機能をもつ分子の膜を開発したりしています。

データ解析の質問 募集中!

こちらへお願いします!

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら