PAK85_syojisaretakomugiko20141103210611_TP_V

今回はエネルギー・環境の研究室の紹介です。

東京都市大学 工学部 エネルギー化学専攻 水素エネルギーシステム研究室<化学システム工学>です。主催者は高津淑人准教授です。

水素エネルギーシステム研究室<化学システム工学> | 研究室紹介 | 東京都市大学 工学部 エネルギー化学科

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

水素エネルギーシステム研究室<化学システム工学>では、エネルギー・環境の問題を解決するための技術として、環境にやさしく持続可能な物質変換に着目しています。そのために、

  • 適切な化学反応を探したり、
  • 化学反応を促進してくれる触媒を開発したり、
  • 合理的なプロセスを検討したり

しています。

物質変換の対象は、再生可能エネルギーであるバイオマスです。植物から、経由やジャット燃料に替わるものを作ろうとしています。

また、開発した物質変換技術を実用化するため、企業と共同で研究をしています。

研究室の活動

年間行事はこちらをご覧ください。

http://www.ese.tcu.ac.jp/labs/engin

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら