PAK136151305_TP_V

今回は人工知能・コンピュータの研究室の紹介です。

大阪大学 産業科学研究所 第1研究部門 (情報・量子科学系)
情報科学研究科 情報数理学専攻 協力講座 知能アーキテクチャ講座(沼尾研究室)です。主催者は沼尾正行教授です。



なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

沼尾研究室では、

  • コンピュータを使うことによって生じるストレス
  • スパムメール
  • ビッグデータに由来する情報洪水

を問題意識として持っています。そこで、コンピュータに適応能力を持たせて使いやすくする研究を行っています。

たとえば、コンピュータの効率をよくするためのアルゴリズムを作ったり、データから人工知能を学習するための背景知識を獲得したり、人の感性を得たりしています。その結果、使う人の個性と感性に応じて、自動的に作曲するシステムを開発しました。

またすでにある化学薬品の膨大なデータを処理して解析し、化学構造と化学薬品との間の法則性を獲得することで、新たな化学薬品を開発する研究もしています。

研究室の活動

こちらにありますように毎年多くの論文発表・学会発表をしています。これからの成果についても期待です。



ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら