150705280827_TP_V

今回は人工知能・生命科学の研究室の紹介です。

京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻 システム情報論講座 論理生命学研究室です。主催は石井信教授です。

論理生命学 ホームページ - フロント

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

論理生命学研究室では、生命や知性を数学的に理解することを目的としています。そのため、生命科学と情報科学とを融合させ、いろいろな分野の研究をしています。

研究テーマ

論理生命学研究室の主な研究テーマは以下のとおりです。

  • 複雑な環境において、人はどのようにものごとを決めるか数学的に表し、脳の中でどのように処理しているか解明する
  • 脳の神経細胞や、細胞内のタンパク質のネットワークがどのようにして動くのか解明する
  • 多くの画像をまとめて処理することで解像度を上げ、生物学に応用する
  • 生命のデータを統計的に処理して新たな知見を得る

いくつか説明します。

複雑な環境において、人はどのようにものごとを決めるか数学的に表し、脳の中でどのように処理しているか解明する

繰り返し行うごとに賢くなるロボットの仕組みを作ったり、人の脳と人工知能との関係を研究したりしています。具体的に以下の研究を行っています。

  • 歩行を補助する装置が、繰り返し動作するごとにスムースに補助できるようにする
  • ロボットが人とトランプのゲームを繰り返すごとに強くしてプロ並みに強くする
  • 脳においてどのように学習しているか調べることで、人の脳と人工知能とがどれだけ似ているか調べる

脳の神経細胞や、細胞内のタンパク質のネットワークがどのようにして動くのか解明する

具体的には、

  • 脳が発達する段階において、神経細胞がどのようにしてネットワークを作っていくか、数学的に表現したり
  • 神経細胞における弱い信号を大きくする仕組みを解明したり
  • 神経が外の環境によって伸びたり縮んだりするメカニズムを研究したり

しています。

生命のデータを統計的に処理して新たな知見を得る

具体的には、

  • 脳の活動を計測したデータ
  • 遺伝子の発現データ
  • タンパク質が活性化するときのデータ

などを扱って研究しています。データを取り扱うときのいろいろな課題について研究しています。

研究室の活動

こちらにありますように毎年たくさんの論文発表や学会発表を行っています。今後の研究成果も楽しみです。

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら