battery_lithium

今回は環境エネルギー材料関係の研究室の紹介です。

東京電機大学 工学部 環境化学科・電気化学エネルギー研究室です。主催は藪内直明教授です。

Top Laboratory for Electrochemistry and Energy Conversion

なお今回の研究内容については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

リチウムイオン電池は、スマートフォンや電気自動車などの電源です。電気化学エネルギー研究室では、環境エネルギー問題を解決するため、リチウムイオン電池の性能を上げる研究をしています。リチウムイオン電池の性能が上がると、スマートフォンの電池のもちがよくなったり、一回の充電でより長く電気自動車が走れるようになったりします。また、リチウムイオン電池で使われるリチウムよりたくさん存在するナトリウムや鉄を使って、新しい電池の開発も行なっています。

研究テーマ

電気化学エネルギー研究室の主な研究テーマは以下の通りです。

高性能なリチウムイオン電池のための新しい電極材料を作る

これまで酸素が電極材料として利用することが考えられてきました。一般的には気体の酸素を用いますが、電気化学エネルギー研究室では固体の酸素を使用することで、より高性能な電極材料を作る研究をしています。

リチウムを用いない電池を作る

太陽光発電や風力発電など自然エネルギーを利用することが増えてきました。それにともなって、電気をためるための電池がより多く必要になってきます。ただリチウムは希少金属であり埋蔵量も限られてきます。

そこで電気化学エネルギー研究室では、日本にも豊富に存在しているナトリウムに着目し、性能が高くなる電池を作っています

またナトリウム以外にも、鉄・マンガン・チタンなどを活用した電池の研究を行っています。

研究室の活動

こちらをご覧になると分かりますように、毎年論文発表しており活発に研究活動していることがわかります。今後の研究成果も楽しみです。

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

この記事に興味を持っていただけましたら、ぜひフォローをお願いします!


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

データ解析・分析に興味がありましたらぜひ登録をお願いします!
無料メルマガの登録はこちら