PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V

今回はエネルギー環境材料の研究室の紹介です。

滋賀県立大学 工学部 材料科学科 エネルギー環境材料分野です。主催者は奥健夫教授です。

なおエネルギー環境材料関係については以下の本が参考になります。

どんな研究をしているの?

エネルギー環境材料分野では、

  • 人類の役に立ったり
  • 自然環境によかったり
  • 社会で役立ったり

する機能をもつ化学物質・材料を、

  • 設計し
  • 設計に基いて実際に作り
  • 作ったものを評価し
  • 応用する

といったことを行なっています。

たとえば、

  • 新しい太陽電池の材料
  • 両コンピュータのための材料
  • 水素を貯蔵しておくための材料

などに関する研究をしています。

研究テーマ

エネルギー環境材料分野における主な研究テーマは以下の通りです。

  • 安く、環境によく、発電効率のよい太陽電池を作る
    ナノレベルでのいろいろな新しい化学構造を用いて、安く作ることができて、環境についても考えられた、高い発電効率の太陽電池を研究しています。また、どうして発電効率がよくなるかについても、量子物理学の手法を活用して解明しています。
  • 金属の化学構造をナノレベルで変えることによって太陽電池の効率を上げる
    金属ナノ構造に光を当てると局所的に電場が強くなる現象を利用して、光を電気に変える効率の向上を行なっています。
  • 電解重合法を利用して新たな有機薄膜太陽電池を作る
  • フラーレンを太陽電池に応用する
  • 低コストで作ることのできる球状シリコン太陽電池について研究する
  • 炭素のナノ構造を利用してNMR量子コンピュータを作り、性能を向上させる
  • 液晶性を示す高分子半導体を作り、有機薄膜太陽電池に応用する
  • 色素増感型太陽電池について研究する
    特に太陽電池を固体化する技術を開発しています。また光がどのように伝達するか解明し、発電効率を上げています。

研究室の活動

こちらの研究室紹介をご覧になると分かるように活発に活動しています。今後の研究成果にも期待しましょう。

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

フォローしていただけると嬉しいです。


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

無料メルマガの登録はこちら