computer_jinkou_chinou

今回は人工知能の研究室の紹介です。

東京大学大学院 工学系研究科 総合研究機構 知の構造化センター 技術経営戦略学専攻 松尾研究室です。主催者は松尾豊教授です。

なお人工知能については、こちらの図書が参考になります。

どんな研究をしているの?

松尾研究室では、人工知能の技術の中でディープラーニング (Deep Learning, 深層学習) に着目しています。ディープラーニングや広く機械学習について、基礎的な研究を行っています。

また、企業との共同研究やベンチャー企業への支援を通して、松尾研究室における技術を社会に広め、社会に実装するための研究もしています。実際、リクルートとの共同研究において、大学受験の学習支援サービス「受験サプリ」に貢献したり、ゼクシィのウェブ版であるゼクシィnetやスーモにおけるデータを解析しました。グノシー、READYFOR、PKSHA、オーマなどのベンチャーへのサポートもしました。

教育活動

松尾研究室では、これからの情報化社会で活躍する人材を育てるため、実践的な教育活動を行っています。大きく分けると、Artificial Intelligence Tokyo (AIL)・グローバル消費インテリジェンス寄付講座 (GCI)・ウエブ工学とビジネスモデルです。

  • AIL:ディープラーニングについて実践的な教育を実施
  • GCI:データ解析・分析ができるような人材を育成
  • ウエブ工学とビジネスモデル:インターネットを用いたいろいろなサービスの開発などこれからの情報化社会に必要なことを訓練

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

フォローしていただけると嬉しいです。


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

無料メルマガの登録はこちら