PAK56_donou_TP_V

今回は水環境・水災害に関する環境工学の研究室の紹介です。

九州工業大学大学院 工学研究院 建設社会工学研究系 水環境工学研究室です。主催者は秋山壽一郎教授です。

なお水環境・水災害については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

わたしたちは水がなければ生きていけません。水によっていろいろなものが循環したり、水は資源にもなります

しかし水は、たとえば洪水・津波など、わたしたちの命を脅かす存在でもあります。また、水質が悪くなると、わたしたちの生活だけでなく、いろいろな生き物に悪影響を与えてしまいます。

そこで水環境工学研究室では、安全で豊かな水環境を保ち、よりよくするための研究をしています。川・沿岸の地域・池など水に関わるところのいろいろな問題を解決しています。

研究テーマ

川を管理しつつ環境と調和させる研究

魚がすみやすい川にするためには、いろいろな魚についてどんな特徴をもっていてどんな暮らしをしているか理解しないといけません。そこで水環境工学研究室では、魚のアユに着目して、水の流れの速さが変わったときにアユの様子がどうなるかについて研究しています。

また、魚のすみやすい川にするため、魚が川のどのあたりに住んでいるか知ることも重要です。水環境工学研究室では、小型カメラを川に設置して、魚のすみかの一日の変化や季節変化を調査しています。

川に土砂がたまったときや人工的に砂をおいたときに、川の流れなど影響を受けます。また川に木などがあっても様子が変わってしまいます。そこで水環境工学研究室では、いろいろな影響によって川の流れなどの様子がどう変わるか、コンピュータ上でシミュレーションすることにより研究をしています。

防災に関する研究

洪水などの対策を取るためには、まずどのように川が氾濫するのか知っておかなければなりません。そこで水環境工学研究室では、氾濫したときの水の量を評価することについて研究しています。

林は、洪水のときに氾濫する水の量を抑えてくれる効果があるといわれています。また水の侵入を防ぐためにも林は使われます。水環境工学研究室では、このような林の防災としての効果を評価する研究を行なっています。

また、豪雨による水の量から、どのように川が氾濫して洪水がおこるのか、水の動きをシミュレーションによって予測する研究もしています。

ダムの管理に関する研究

ダムにはいろいろな水質の問題があります。富栄養化や、水の濁りが長い間続いてしまう現象です。またダムに土砂がたくさん流れ込んでしまうと、ダムの機能が低下してしまいます。そこで水環境工学研究室では、これらのような問題の対策をするための研究をしています。

水質の汚れが広がっていくのを防ぐ研究

海底ケーブルを設置するための工事のとき、改定では水質汚濁が発生し、いろいろな生き物に悪影響を与えてしまいます。また土砂を使う工事において、土砂を入れたときにも水質汚濁が発生して、同じく生き物に悪影響を与えます。そこで水環境工学研究室では、このような水質の汚れが、どのように広がっていくのか、シミュレーションによって予測する研究をしています。

水理学・流体力学を駆使した数値シミュレーションモデルの開発

水の流れや、水の中での石などの物体の流れなどをコンピュータ上で再現できる数値シミュレーションモデルを開発しています。これによって、川の氾濫などを予測することを行なっています。

研究室の活動

こちらにありますように、毎年多くの論文発表や学会発表を行なっています。これからの研究成果も楽しみですね。

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

フォローしていただけると嬉しいです。


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

無料メルマガの登録はこちら