N879_yakushimakawanonagare_TP_V

今回は水・土・微生物に関する環境工学の研究室の紹介です。

千葉工業大学 工学部 生命環境科学科 地圏環境工学研究室です。主催者は矢沢勇樹准教授です。

なお水・土・微生物については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

地球環境は複雑ですが、地球はとても昔から活動を続けています。地圏環境工学研究室では、地球の活動に着目して、

  • 地球環境がガラッと変化する
  • 資源がなくなってしまう

などの、今後の地球の可能性をより理解するための研究をしています。

具体的には、水・水の流れ・土・微生物などを対象としています。

土の役割を知り、別の惑星でも使える土を作る

地球にはいろいろな土があります。その土によっていろいろな食料が作られるわけです。そこで地圏環境工学研究室では、そこの土でどうして植物が育つのか、などの土の特徴と役割を研究しています。さらに、そのような特徴・役割を人工的に作る研究もしています。これによって将来、別の惑星でも地球と同じような農業ができるようになります。

微生物やプランクトンを活用していろいろな材料を作る

微生物やプランクトンは、一つ一つは小さいですが、いろいろな物質を作るための素晴らしい機能があります。そこで地圏環境工学研究室では、その機能を活用して、小さいながらも非常に大事な材料を、微生物やプランクトンから作る研究をしています。小さくても重要な材料なので、小さい微生物やプランクトンが作れる量でもOKなんですね。

森と川と海の関係

森でいろいろな生物から作られた栄養素が、川の流れに乗って海に運ばれます。これによって、海ではたくさんの生物が暮らしていけます。地圏環境工学研究室では、特に房総半島に着目して、この森と川と海とのつながりについて研究しています。これによって、森・川・海は一緒に管理しなければならないことがわかってきました。

研究室の活動

研究に関するいろいろな動画をこちらから見られます。実際に見て確認したい方はどうぞ!

また最近のできごとはこちらから見られます。

ご案内。

オススメ記事セレクション。

twitterでも発信中。

フォローしていただけると嬉しいです。


無料メルマガでブログにない情報を配信中。

無料メルマガの登録はこちら