PPS_ogawanoyousu_TP_V

今回は水環境に関する環境工学の研究室の紹介です。

京都大学 防災研究所 水資源環境研究センター 地域水環境システム研究領域です。主催者は田中茂信教授です。

なお水環境については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

『水』やその周辺に関してすべてを数式で表して、水をシミュレーションすることを試みています。川・海・地下水・池・湖・雨・水質・土砂・食物連鎖・作物およびその生育・水に関する社会経済などを数式化して、コンピュータ上で実際の世界の水のすべてを再現するのです。そしてそこから、今後の水資源をどのように管理すべきか検討します。たとえば、

  • 地域ごとに洪水が起こるリスク
  • 水不足が起こるリスク

などを計算できるわけです。これらのリスクをどうやれば低くできるかも研究しています。

研究テーマ

  • 地球全体を考えたときに、どれくらい水資源があるか知るための研究
    ・温暖化によって地球環境へどれくらい影響があるか
    ・将来に渡って水資源を使い続けられるような計画を立てる
    ・地球において、どこにどれくらいの水が存在しているか
    ・水資源がどのように移動しているか
  • 流域規模で水が循環する様子を数式で表す研究
    ・水文化を考えた上での総合的に流域を管理する
    ・短時間にどれくらい雨がふるか予測する
    ・洪水が起こるリスクを考えそれを管理する
    ・雨が少なくなってしまう現象が、いつ・どこで起きるか予測する
    ・気候の変化を予測する
    ・流域をシミュレーションして、河川やそこでの生態系をどのように保つか検討する
  • 水資源を管理するための人工知能に関する研究
    ・人工知能を用いて水資源に関する情報を管理するシステムを作る
    ・流域を管理するときにマルチメディアを用いる
    ・物理的な現象を考えた上での人工知能を作る

以上です。

    ご案内。

    オススメ記事セレクション。

    twitterでも発信中。

    無料メルマガでブログにない情報を配信中。

    無料メルマガの登録はこちら