B102_hirogarunatunoine

今回は農業に関する環境工学の研究室の紹介です。

東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物環境工学専攻 農地環境工学研究室です。主催者は塩沢昌教授です。

なお農地環境工学については

が参考になります。

どんな研究をしているの?

地球の人口は増え続けています。それにともなって必要な食料の量も増えます。必要な食料を作るためには、それぞれの農地においてたくさんの食料を作れなければなりません。

しかし日本だけでなく世界の農地において、農地自体の問題やその周辺の環境問題などいろいろな問題があります。

たとえば、

  • 農地に塩が蓄積してしまう塩害
  • たくさんの化学肥料を農地に使うことによる地下水の汚染・湖や沼の富栄養化
  • 農地に使う水の不足

などです。地球の環境を保ちながら、農地でたくさんの食料を作ることは難しいといえます。

そこで農地環境工学研究室では、農地での問題を科学的に分析し、一つ一つの問題に取り組むだけでなく農地・環境・生態系を全体として捉えて研究しています。現場にいっていろいろと観測・測定したり、コンピュータによってシミュレーションをしたりしながら、問題の解決に取り組んでいます。

研究テーマ

研究テーマは以下の通りです。

○農地の温度、水や物質の循環

  • 栄養素の一つである窒素が、どのように農地に入ってきて、植物に使われて、農地から出て行くのか
  • 水田における土の化学的な解析
  • 稲を育てるときに、農地の温度が高くならないようにするためのかけ流し灌漑
  • 水をどのように管理すれば、水田の温度がどのように変わるか

○乾燥地における農地を保つ

  • モンゴルの草原について、放牧をやりすぎたために土地が悪くなったあとに、水の吸収などがどうなるか
  • 乾燥地に植物ができることによって農地はどのように保たれるか
  • ナイルデルタ粘質土の解析
  • 乾燥によって土地が亀裂することで、それが水の蒸発や浸透にどう影響を与えるか

○放射性セシウムが農地やその周辺の地域でどう振る舞うか

  • 放射性セシウムがどのように稲へ移動するか
  • 農地において、どのように放射性セシウムが移動するか
  • 土の中で放射性物質がどのように移動するか
  • ため池の底に蓄積した放射性セシウムの濃度はどれくらいか

研究室の活動

研究室での様子やゼミの様子、外での活動についてこちらに写真があります。メンバーの人数は多い方ではありませんが、活発に活動していることが分かります。ぜひご覧ください。