PPP_tesagyoudenaewoueru_TP_V

今回は水に関する環境工学の研究室の紹介です。

東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻 水利環境工学研究室です。主催者は久保成隆教授です。

なお環境工学については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

水に関する環境問題のなかでも農業に着目しています。農業で使う、そして農業を行うをよくするためにはどうしたらよいか、研究を行っています。

研究テーマは以下のとおりです。

  • 農業用の水に関して、農家の人たちが水を管理する労力を小さくするための研究
  • 印旛沼流域での農業用の水の利用と農村地域における水の環境問題に関する研究
  • 愛知用水での上下流の水位を制御するゲートによる配水性能に関する研究
  • 水田深水湛水による農村域での放射線の量を低減する効果の解析
  • 用水と排水、そして水田のなかにおける水温や窒素がどのように分布しているかの観測とモデル化
  • 浸透制御による水田からのGHG放出抑制型栽培法に関する研究
  • タイ国メラオ灌漑システムにおける乾季灌漑の水利用実態に関する研究
  • 農業用のパイプラインにおける漏水時の流れ構造および圧力波伝播の変化に関する研究

いくつか紹介します。

農業用の水に関して、農家の人たちが水を管理する労力を小さくするための研究

水田に行かなくてもそこの水の深さが分かるようなシステムを作ったり、複数の水田を見まわるときにどのような順番で見まわればよいか判断するシステムを作ったりしています。これから農業の大規模な経営化が進んだときに重要性が大きくなります。

用水と排水、そして水田のなかにおける水温や窒素がどのように分布しているかの観測とモデル化

水田へ水が入ってきて、水田の中で水が流れ、最終的に水田から水が出ることや、気象に関する情報、そして植物の生育に関する情報にもとづいて、

  • 水田で水がどのように流れるか?
  • 水温が水田内の場所ごとにどうなっているか?
  • 栄養素が水田内の場所ごとにどのように存在しているか?

などをシミュレーションしています。

研究室の活動

学生向けの研究テーマ紹介・研究室行事紹介についてはこちらをご覧ください。