_shared_img_thumb_AME_87sakuratonnel_TP_V3

今回は交通や電力よりの環境システム関係の研究室の紹介です。

工学院大学工学部 電気システム工学科 交通・電力・環境システム工学研究室です。

主催者は高木亮准教授です。

なお交通・電力・環境については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

交通・電力・環境システム工学研究室では主に

  • 交通の電力システム
  • 鉄道の運行計画 (列車ダイヤ)

に関する研究に取り組んでいます。

交通の電力システムでは、省エネを目指して、交通に関係する仕組み自体を改良したり、交通関係で使われているソフトウェアを改良したりしています。

また鉄道の運行計画 (列車ダイヤ) についても、

  • 混雑が起こらないように、
  • 電車が遅れてダイヤが乱れたときにすぐに復旧できるように、
  • お客さんが利用しやすいように、
  • 省エネになるように、

運行計画を立てるような研究を行っています。

その他の研究

他にも、

  • 超高度化鉄道システム(UCRT)
  • 磁気浮上式鉄道における車上分岐の検討
  • 純電気ブレーキの最適システムの提案
  • 簡易型自動運転の提案
  • 開かずの踏み切り対策
  • LRT用優先信号
  • 高速電気車の評価論

にも取り組んでいます。

研究室の活動

あまり大きい方の研究室ではありませんが、いろいろなイベントを行なっています。

学生に期待することや卒業後の進路はこちらをご覧ください。