_shared_img_thumb_KAZ7842_doidoi_TP_V

環境システム関係の研究室の紹介です。

日本大学 工学部 土木工学科 水環境システム研究室です。

なお水環境については

あたりが参考になります。

どんな研究をしているの?

水環境システム研究室では、河川・湖・沼・沿岸における水環境に関する研究をしています。水、土砂、栄養素などが、どのように流れるか数式で表すことで、河川・湖・沼・沿岸の様子をシミュレーションします。

いろいろな条件でシミュレーションしたり、実験で確かめたりしながら、

  • 水質汚濁がどうしておきるのか?
  • 災害を軽減するにはどうしたらよいか?

研究しています。

具体的には、

  • 巨大な津波から街を守ることを考えたり、
  • 集中豪雨に強い都市の仕組みを研究したり、
  • 放射性物質がどのように移動するか解明したり、
  • 河口が塞がってしまうのを防ぐ方法を考えたり、
  • 猪苗代湖のpHが上がる原因を究明したり、
  • 南湖のジュンサイを復活させたり、

しています。

こちらのサイトの右の方に研究会やセミナーなどでの発表資料が見られます。

研究テーマ

水環境システム研究室で進めている主な研究テーマは次の通りです。

  • 猪苗代湖のpHの長期推移に及ぼす要因分析
  • 水生植物の計画的管理による南湖の水質改善の検討
  • 津波に対する構造物の減災機能の評価に対する実験
  • 河川・湖沼における放射物質の魚類・飲料水に及ぼす環境リスク評価
  • 集中豪雨による郡山市駅前の浸水機構の評価と減災に向けての検討
  • 夏井川の河口安定化をはかる対策工の検討

研究室の活動

Facebookのページが示すように、人数は多くありませんが活発に活動しています。

これからの研究成果も楽しみですね。