_shared_img_thumb_SAYA160105202992_TP_V_edited

わたしは病弱です。こどもの頃から風邪を引きやすく、2、3ヶ月に一回は熱を出して学校を休んでいました。スポーツをするようになって、少し改善されました。しかし、子育てでスポーツをほどんどしなくなり、こどもが保育園から色々な菌を持ってくるようになって、また悪化です。1か月に一度は熱を出していました。

熱が出ると集中力が下がりますし、場合によっては何もできず寝込んでいるだけです。

そこで色々と調べたり自分で実践して確認しながら、風邪を引かないように毎日行うことを試行錯誤しました。今回はその結果得られた、7つの方法を紹介します。とりあえず半年は風邪を引いていません。

なお戦略としては以下の2つです。

  • A. 風邪の菌を体に入れない [菌防止]
  • B. 免疫力を高める [免疫力]

それぞれ説明します。まず A. で風邪の菌が体に入らないようにして、風邪に感染するのを防ぎます。しかし、どんなに努力しても多少は菌が体の中に入ってしまいます。そこで、菌が体に入ったときにも風邪を引かないように、B. で体の免疫力を高めておきます。この2つを同時に達成することで、風邪になる確率を0に近づけます。

具体的に実践しているのは以下の方法です。

① マスクをする [菌防止][免疫力]

鼻や口から風邪の菌が体の中に入ってくるのを防ぐため、風邪をひいている人の近くではマスクをしたいです。特に電車やバスなどの公共交通機関を使うときは、誰が風邪をひいているかわかりませんので、必ずマスクをします。

家族の誰かが風邪をひいているときは、家の中でもマスクをします。

また、乾燥は免疫力を低下させる要因の一つであり、マスクは鼻や口の周りの湿気を保ち、感想を防ぐことができます。そのため、屋外に出るときはマスクをしています。さらに、寝るときにもマスクをして、睡眠中も鼻や口の周りが乾燥しないようにしています。

② 手洗い・うがい [菌防止]

こまめに手洗い・うがいをしています。具体的には、

  • 屋外から屋内に入ったとき
  • 食事をする前
  • トイレに入ったとき

にしています。屋外では、電車のつり革・エスカレータの手すり・エレベータのボタンなど、風邪の菌が付いている可能性のあるところを触ります。そのため屋外から屋内に入ったときには手洗い・うがいでそれらの菌が体の中に入るのを防ぎます。食事では手についた菌が体の中に入りやすいため、食事の前に行います。トイレに入ったあとはいつも手を洗いますので、ついでにうがいもして菌が体内に入るのを予防します。

なおうがいにも正しい方法があります。まずうがいをする前に、口の中をゆすぎます。いわゆる、ぐちゅぐちゅぺ、をします。いきなりうがいをすると、口の中の菌がのどの奥に行ってしまうためです。口をゆすいだ後に、うがいをしましょう。

③ 息子・娘の食べ残しを食べない [菌防止]

特に自分の子供が小さいときは、子供の食べ残しをもったいないと食べる方もいると思います。

しかし、特に保育園・幼稚園に行っている子供は、風邪をひいてなくても風邪の菌をもらってきていることがあります。その子が手をつけたり口をつけたりした食べ物を食べると、そこから自分の体に菌が入ってしまいます。

子供が食べ残しをしても、涙をのんで食べないようにしましょう。

④ 鼻をほじらない [菌防止]

衛生的な理由もありますが、鼻をほじりません。皆さんの中にも、もちろん鼻はほじらないけどそれがどうして風邪の菌の防止になるの?、と不思議に思う方もいらっしゃると思います。

鼻には、風邪の菌を含む余計なものが体の中に入らないようにする機能が備わっています。鼻毛に異物がからみあって、鼻の奥にいかないようになっているのも、その機能の一つです。

鼻をほじると、鼻の粘膜を傷つけてしまい、その傷から風邪の菌が入ってしまいます。鼻の中を傷つけないことで、鼻の風邪の菌を外に出す機能をしっかりと発揮してもらうようにしています。

⑤ 睡眠をしっかり取る [免疫力]

集中する時間を確保する方法に書いたのと同じですが、免疫力を高めるために睡眠をしっかり取ります。

もちろん徹夜をすれば数時間多く時間を使えます。ただ、その後に風を引いて二、三日寝込んでしまっては、完全にもったいないです。

日頃からしっかりと睡眠をとって免疫力を上げ、100%の力を発揮できるようにしていきましょう!

⑥ 紅茶を飲む [免疫力]

毎日、朝に二杯と夜に二杯の合計四杯のホット紅茶を飲みます。

ホット紅茶を飲むことで、紅茶に含まれている抗酸化物質 フラボノイド の働きにより、免疫力がアップすると言われています。気休めかもしれませんが・・・。

たまにレモンを入れて飲みますが、基本的にはストレートで飲みます。

⑦ サプリメントを飲む

不足しがちなミネラルとビタミンを補うため、わたしはDHCのマルチミネラルマルチビタミンビタミンCを毎日愛飲しています。

コストパフォーマンスもよく、一日あたり30円以下で両方飲めます。

DHC マルチミネラル60日分 180粒
DHC (2011-11-15)
売り上げランキング: 172
DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒
DHC (2012-09-10)
売り上げランキング: 55

特に、風邪に引きかけたかな、と感じたときは1,2時間おきにビタミンCを2粒飲んでいます。すると、それ以上ひどくはなりません。こちらもおすすめです。

===

以上です。

上の方法はもちろん風邪だけでなくインフルエンザの予防にも有効です。

体調万全で日々の生活を過ごしていきましょう!